○○島 初日

  • 2017.05.11 Thursday
  • 17:45

安房から出ている高速船、とっぴ〜に飛び乗って向かうのは、、、





種子島!!



目的は、勿論。





JAXA!!


75分の見学コースはあっという間。


どうしてロケットの側面はオレンジ色をしているのか。


どのようにしてロケットを切り離しているのか。



そもそもロケットを飛ばす目的は?




時期が時期だったので見学者も少なく、お姉さんに色々質問することができた。




景勝地や酒造に寄って屋久島に帰る。



旅も残すところ1日。

薬島 2日〜3日目

  • 2017.05.10 Wednesday
  • 17:29


海亀産卵観察会


20時から23時近くまで粘るも…



翌日、3日目は大雨!!




島内観光で島をぐるぐる



やくしまは月に35日雨が降る。


明日は?

益救島 2日め

  • 2017.05.09 Tuesday
  • 19:28

朝イチでSAPをして、



お昼ご飯にパエリア!



それからー



キャニオニング!!



修学旅行楽しいw

白谷雲水峡

  • 2017.05.08 Monday
  • 22:12

屋久島に到着して、その足で登山。

 

修学旅行

  • 2017.05.07 Sunday
  • 10:00

行ってきます‼

 

5月開講予定表

  • 2017.04.22 Saturday
  • 10:31

  • 2017.04.15 Saturday
  • 23:31

教銘舎の太田です。こんにちは。

 

 

車の調子が悪かったことと、タイヤ交換をする為に修理工場へ電話。

 

 

 

車検で繁忙期ということで、代車の用意が難しいかもしれません。と申し訳無さそうに仰る担当者。

 

 

 

それでも軽四で宜しければ何とかします。と仰って頂いたのだが、

 

申し訳ないので仕事が終わってから2台で修理工場へ行って車だけ置いてくることに。

 

 

 

当然取りに行く時も2台で行った。

 

 

 

 

 

翌々日、山奥まで蕎麦を食べに行き、

 

田舎のおばあの作った草餅とおこわを母の土産に買ったので、実家迄持っていった。

 

 

 

ん? 車が違う。。

 

 

 

話を聞くと、母の体調を気遣って(母は昨年3度入退院を繰り返した)

 

修理工場の担当者(私が車の修理をお願いしている会社で、同じ担当の方)

 

自宅まで車を取りにきて下さったとのこと。

 

 

 

当然担当の方は2度往復しなければならない。

 

 

 

2度往復? 俺も最近やったよね(笑)

 

 

 

こちらの担当の方は本当に良い方で、

 

本来取り扱いしていない船のエンジンも整備して下さり

 

取りに伺いますというのに塾まで持ってきて下さった。

 

 

 

まだ全快していない母によくして下さり、本当に感謝している。

 

 

 

自分も人と接する時に彼のようにありたいと思う。

 

 

 

 

私たちの仕事は年齢がいくつであっても先生先生と呼ばれ、勘違いしてしまいがちだ。

 

 

 

人は心から尊敬の念を抱けば自然に頭が下がるし、

 

その人の為に動きたい、動こうと思うものだと思う。

 

 

 

自分がお客さんだからとか、

 

相手が自分より立場が弱いからといって傲慢に振舞っていてはいけない。

 

 

 

相手には自分がして欲しいことをして、それでいて見返りを求めない。

 

自分が嫌だと感じることをされたとしても意趣返しのようなことをしてはいけない。

 

 

 

相手には私には分からない事情があるのかもしれないし、

 

自分が知らない間に相手に不快感を与えていたのかもしれない。

 

 

 

人生の中で出逢える人というのは限られている。

 

奇跡に近い確率で出逢えた人たちを大切にしていこうと思う。

 

 

 

あ、でも宿題をしてこなかったら、その子の為に叱りますぜ。

 

 

 

別に怒っている訳ではないので、そこのところヨロシク。

 

 

 

 

それでは。

伸びる生徒

  • 2017.04.14 Friday
  • 08:45

教銘舎の太田です。こんにちは。

 

 

 

恥ずかしながら宿題の丸付けが終わらず自宅に持ち帰って行った。

 

 

 

体験入塾中の生徒が解いたものをみて、『この子は伸びるな。』と感じた。

 

 

 

その教材は最初に解説があり、その解説にはなぞる箇所がある。

 

 

 

教材の最初には使い方というものが載っており、その箇所をなぞるように指示されているのだが、

 

多くの生徒は冒頭の説明を読んでいないのか、はたまた面倒くさいからかなぞっていないことが多い。

 

 

 

他人の指示を聞いた気になって自分なりのやり方で行い、自分なりの間違い方をして、

 

自分なりに直して勉強をしたつもりになっている生徒が多い。

 

 

 

折角塾に来ているのであれば、師事している人の指示を聴かなければ意味がない。

 

 

 

 

入塾当初は成績が落ちることがある。

 

それは頑迷に自分なりのやり方を押し通そうとする生徒を、

 

きちんと指示が聴ける生徒に変える為にかかる代償であり、

 

それなくして学力や姿勢の向上は有り得ない。

 

 

 

その為にも生徒を見て、診て、魅せることが必要なのだ。

 

 

 

それでは。

喉の渇き

  • 2017.04.13 Thursday
  • 08:30

教銘舎の太田です。こんにちは。

 

 

 

入塾したばかりの生徒は私が近づくと、『ここが分かりません。』と言ってくることが多い。

 

 

 

 

入塾したばかりということを考慮して、そのように言われれば指導するのだが、

 

本来は『ここが分からないので教えて下さい。』と言うべきだと考えている。

 

 

 

 

子どもが『喉が渇いた〜』と言っとして、直ぐに飲み物を与えてはいけない。

 

 

 

『喉が渇いたから、飲み物を下さい。』と言われ、

 

その子が自分で用意が出来ないのであれば大人が動いてあげるべきだ。

 

 

 

そこで終わりにするのではなく、

 

次からは自分で飲み物を用意できるよう方法を教えてあげることと、その環境を整えてあげなくてはいけない。

 

 

 

塾での学習と日々の生活は繋がっている。

 

 

 

彼等が解いているのは実生活で起こり得る問題を教科化したものであり、

 

その問題への取り組み方や姿勢は実生活にも反映されていく。

 

 

 

そして小さい頃についた悪い癖というのは抜けにくいものだ。

 

 

つまり幼い間に良い学習を習慣化しておくことが大切になる。

 

 

 

一つ一つは小さなことであっても、その行動の積み重ねが未来に繋がることを忘れてはいけない。

 

 

子どもは良い意味でも悪い意味でも学習していくものだから。

 

無題

  • 2017.04.12 Wednesday
  • 23:59
教銘舎の太田です。こんにちは。
 
 
 
 
『●●高校位は行きたいな。』なんて言われると、
 
現在の点数と『くらい』と言われたその高校への乖離を理解できないのか?と感じてしまう。
 
 
あ、、いや。キツイことを書きたい訳ではないのだけれど、、、
 
 
 
自分を見つめてみて、なんで俺はこんなことが気に障るのか?と考えた結果、
 
 
 
今まで見てきた生徒や、今正にその場で努力している生徒が居るからだという結論に至った。
 
 
 
何処かの誰かに『くらい』と言われた学校に合格する為
 
必死で学習に励んだ生徒を思い出し、
 
 
『●●点位はとってほしい。』と軽く言われる点数を取る為には、
 
前々々学年からの復習が必要なんだな。。と分かってしまうからだ。
 
 
 
 
日々学習を重ねてきた子たちには良い人生を歩んで欲しいと切に願う。
 
 
 
アリとキリギリスではないが、努力をしなかった者たちの末路は誰の目にも明らかだ。
 
 
ただ悲しいことに現代の平和な国日本では、皆がそれなりに幸せそうに映る。
 
 
 
知る幸せと知らない幸せ。
 
 
 
幸せの定義は自分で決めるしかない。
 
 
 
ジャンクフードと呼ばれる食事を家族で摂ることが幸せと感じることが出来ることは、確かに幸せなことなのかもしれない。
 
その一方生産者が分かる食材や自分で作ったり獲ってきた食材を使い、
自宅で料って家族で食べる食事を幸せと感じることもまた幸せだろう。
 
奮発して外食することが幸せだと感じる人もいるだろう。
 
 
 
努力をしなかった者は努力をした者が幸せだと感じないことを幸せと信じて生きていけばよいと思う。
 
 
 
気付かずに。
 
 
 
それでは。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM