塾選び 2

  • 2019.06.19 Wednesday
  • 00:01

教銘舎の太田です。こんにちは。

 

 

 

チラシを配布してから毎日のように面談をしているが、初めて当塾にいらした方が抱いておられるイメージは、

 

 

宿題が多い、だが成績が上がる。

 

厳しい、だが知り合いの塾生は楽しんで通っている。

 

費用が高い、だが教科や通塾時間を考えると妥当か安い。

 

というものらしく、『口を揃えて』という慣用句の解説に載せてもよい程に、皆さんそう仰られる。

 

 

 

多い、厳しい、高い、上がる、楽しい、安いという価値観はきっと相対的なもので、他の塾や家庭教師と比べてという事なのだと思う。

 

 

他塾も検討しておられるご家庭には、是非他のところも体験されてからじっくりお決め下さい。とお願いをしているのだが。。。

 

 

 

本音を言ってもヨロシイでしょうか?

 

 

 

教育に関して中庸を探すのはとても難しい。

 

 

宿題がない、もしくはソコソコの量で、ソコソコ点数が上がる塾を探すのはかなり難しい筈で、厳しくもなく、甘くもなく、調度良く生徒に接してくれて、それでいて生徒が楽しいと通える塾も中々ない筈。

 

 

上記の2点において満足のいくところが仮に見つかったとして、その塾が調度よい料金設定だとは限らず、個別指導などになればハネ上がるだろうし、十把一絡げのように放りこまれるのであれば安いかもしれない。

 

 

そして何より肝心なのは、受験迄安心して任せることが出来るかということだ。

 

 

入塾当初の希望が偏差値55の高校だとすれば、偏差値60以上の高校に合格出来る迄の力と内申点を携えてこそ、教銘舎に任せて良かった。と仰って頂けるものと考えている。

 

 

皆さん最初は本音で話して頂けないことがあるので、3000円安くしてとのご要望には5000円以上安くして差し上げないと満足は得られないだろうし、50点上げたいから入塾を検討しているとの要望には100点以上の結果を出してこそ、満足して頂けるものだと思う。

 

 

 

また学校のテストや内申だけよくなれば塾の仕事を為したのかと言えばそうではなく、人としてどのように在るべきかという点においての指針を示すことを求められているように感じる。

 

 

唯々諾々とお客様の言うことを聞いていてはただの御用聞きだ。

 

私は生徒とぶつかる事もあれば、保護者様と議論になることもあるが、確りと生徒をみて、過去現在未来を想像し、価値観を共有して、その子に合った道を示しているという自負がある。

 

 

テストの結果だけではなく、そういった面を評価して当塾を選んで下さる方が増えるようにしていきたい。

 

 

 

今日はこの辺で。

小学生の夏期講習について 2

  • 2019.06.18 Tuesday
  • 00:01

教銘舎の太田です。こんにちは。

 

 

昨夜は雨が外壁を叩く音を聴きながら眠りについた。

 

雨はキライではないのだが、大好きなアウトドアが殆ど出来なくなることがツライ。

 

 

 

小学生の夏期講習について考えていたのだが、最初から『どなた様もどうぞお入り下さい。』とやってしまうと収拾がつかなくなる可能性がある。

 

『小1の壁』と呼ばれる社会問題の一助になればと考え始めたことではあったが、在籍している生徒に迷惑を掛けることがあってはならない。

 

では入塾テストを行うか?とも考えたのだが、夏期講習の間だけ預けるのに入塾テストがある塾を選ぶか?というと、うーん。。。

 

悩んだ結果、今年の夏は塾生の兄弟限定での募集にしようと考えている。

 

 

 

 

条件は夏期講習を受講する生徒の兄弟で、小学生限定、費用は通い放題で2万円。

 

ただし塾生が〇十時間以上受講する場合は1万円、5千円と減額されていく。

 

 

当塾の夏期講習は13時か14時開始が常だったのだが、ご要望によっては午前中からの開講も検討する。

 

 

門戸を広げるとすれば、塾生の親戚迄、もしくは保護者様の紹介のみ(生徒の紹介は駄目)と考えている。

 

 

 

この草案で一旦保護者様にお伺いを立てて、ニーズがあるようであれば動き出そう。

 

誰もいない教室でボッチになるのはキツイカラ。。。

 

 

 

ご意見ご要望があればコメントかライン、お電話にて承ります。

 

 

それでは。

2位じゃ駄目なんでしょうか?

  • 2019.06.16 Sunday
  • 00:01

教銘舎の太田です。こんにちは。

 

 

2位じゃだめなんでしょうか?』

 

 

とある議員が発した言葉だが、

 

いまやネット上で1位を取ろうとする個人や団体を揶揄するスラングになっているという。

 

 

 

昼食を摂るため、ネットで評価が高い店へ訪れた。

 

実は先日も訪れたのだが、長蛇の列に心折られ違う店に行ったのだ。

 

 

先日のこともあったので開店15分前に到着したが既に並んでいる人がおり、

 

開店時間直前には駐車場も満車となっていた。

 

開店から待ちが発生していたが、私は運よく席につくことができた。

 

 

 

他者からの評価が高かったので期待して口に運んだのだが、う〜ん。。。。

 

 

 

自分は一つのジャンルで通う店は一つだけという事が多い。

 

 

ラーメンならココ、トンカツなら、イタリアンなら、寿司ならココという形だ。

 

 

2番目に美味しいと思う店に行くことはあまりなく、同じ店をグルグルしてしまう。

 

 

それでは面白くないと思い、今回のようにチャレンジしてみるのだが、

 

1位が塗り替えられることはあまりない。

 

 

 

時計が好きで何点も購入した。数年前に1位と思える時計を購入したので、

 

それ以外の時計は他人にあげたり売却したりし、残したのは冠婚葬祭用のものと、

 

祖父から譲りうけたもの、カジュアルで使用するもの、アウトドア用のものとかなり厳選した。

 

 

 

だが昨年、探し探していた時計に出逢ってしまった。

 

するとこれまで溺愛していた時計を着用する機会がめっきり減った。

 

好きは好きなのだが、やはり1位の時計にはかなわない。

 

 

 

これで終わりなら楽になれるのだが、

 

本当に欲しい時計はいくつもの県を巡り探し続けているが、未だ出逢えていない。

 

 

 

生徒のテストに関しては500点を狙ってほしいと思っている。

 

勿論1位も素晴らしいのだが、満点がある試験なのだから狙っていく気持ちがみたい。

 

 

 

それではこの辺で。

塾選び

  • 2019.06.14 Friday
  • 00:01

教銘舎の太田です。こんにちは。

 

 

当塾には現在小3から高3迄の生徒が通っている。

 

 

 

募集は小4からだが、中学受験を希望される場合や、

 

特に学習に力を入れておられるご家庭は小1からお引き受けすることがある。

 

 

 

通塾時間も様々で、小学生でも中学生より長く塾にいる場合もある。

 

 

 

よく厳しいと言われるが、学習を頑張る子からすれば居心地がよく、

 

努力をしたくない子からすれば厳しい場所になるのではないかと思う。

 

 

ただ、一つだけお伝えしておきたい。

 

 

 

言われる間が花で、本当に厳しいのは何も言ってくれない社会だ。

 

注意されれば改善の余地もあるし、いけないことだったと気がつくことが出来る。

 

だが黙殺されてしまうと、何がいけなかったのかさえ分からぬままだ。

 

 

 

お客様は黙って去っていく。

 

そして現代の社会に不必要な人間に構っていられる程の余裕はない。

 

 

 

人に愛されるようになってほしい。

 

 

何にもしなくとも愛してくれるのは両親だけ。愛されるためには努力をしないといけない。

 

 

 

私の知り合いに、子どもが嫌がる習い事はさせないという方針の家庭がある。

 

 

本人がしたいと言ったから習わせる。本人がちょっとでも嫌だと言えば止めさせる。

 

 

何故嫌か、どうしてそうなったのかを確認もせず。

 

 

 

そんな家庭ばかりになったら

 

習い事教室はお子さんのご機嫌取りに必死にならないといけなくなるし、

 

叱ることも指導することも出来なくなるだろう。

 

 

実際にそういった塾をいくつも知っている。

 

 

 

保護者の方曰く、

 

講師がホストのように生徒を歓待するから、本人は随分と気持ちよく通っていたとのことだ。

 

 

 

それで結果が出る訳もなく当塾の門をクグラレタ訳だが、ホストクラブからのギャップが凄く、

 

直ぐに辞めたいと言ったらしいが、保護者の方が何とかナダメすかして通わせておられた。

 

 

 

異論噴出だろうが、私は子どもに塾を選ぶ能力があるとは思っていない。

 

 

 

やはりそこは保護者の方がご自身のお子さんの性格や状況を鑑みて、本人に何が足りないのか、

 

何をどう学ばせたいかを明確にして塾を選択されるべきではないだろうか。

 

 

 

それでは。

小学生の夏期講習について

  • 2019.06.13 Thursday
  • 00:01

教銘舎の太田です。こんにちは。

 

 

 

毎年夏期講習が近づくと考えることがある。

 

 

それは小学生の夏期限定募集だ。

 

 

ある時塾生が言った。

 

 

『先生、夏期講習に出席したいのですが、下の子をみていないといけないので難しいです。』

 

 

知人の息子さんも夏休みの間は家でゲーム三昧らしいが、

 

溜息混じりで『仕方ないよ。』と言っていた。

 

 

普段は15時過ぎまで学校があり、その後学童などへ行っているのであろうが、

 

長い長い夏休みになると学童にいられる時間も限られるだろうし、祖父母の家が近くにあるとも限らない。

 

 

折角の長期休みをゲームで浪費してしまうのはあまりに勿体無い。

 

 

 

当塾の夏期講習は例年午後から開始となっている。

 

理由は中学生の部活が涼しい午前中の間にあることが多いからだ。

 

 

 

それを830分〜22時迄の開講とし、その時間帯の中で都合に合わせて出席できるようにすれば、

 

有意義な夏を過ごせる生徒も多いのではないだろうか。

 

 

開講したらよいのは分かっているが、いくつか問題がある。

 

だが解決出来ない問題でもない。

 

 

後はニーズがあるかだ。

 

 

 

小学生の保護者の方で、料金等の条件によっては

 

夏期期間(学校の夏休みに準じる)だけでも塾に通わせたいとお考えの場合、

 

このブログにコメントを頂けますでしょうか。

 

 

出来れば、希望される時間帯や費用も教えて頂きたいです。

 

 

何件か集まるようであれば開講したいと考えております。

 

 

 

それでは。

チラシ配布

  • 2019.06.12 Wednesday
  • 00:01

教銘舎の太田です。こんにちは。

 

 

 

昨日から配布しているチラシをご覧になった方からの問い合わせが相次いでいる。

 

 

中間テスト後だったことが良かったのか、部活の大きな大会が今週末にあり、

 

一段落するタイミングだったからなのか、はたまた…

 

 

 

この絵が良かったからなのか??

 

 

 

 

 

 

  

 

くま好き集まれ!

 

 

それでは。

男の約束

  • 2019.06.07 Friday
  • 00:01

教銘舎の太田です。こんにちは。

 

 

きっかけは保護者面談での一言だった。

 

 

480点を超えた時の世界観を知ってほしい。』

 

 

そのように仰られたのは、小学生から指導している生徒のお父様だった。

 

 

 

あざとい私はご褒美作戦を提案。

 

 

苦笑いしながらも乗って下さったお父様の懐の広さよ。

 

 

 

結果見事488点、ついでにどうや?と声を掛けた生徒も481点とこちらが設定したハードルをヒョイっと超えてきた。

 

 

その子たちと仲が良い生徒にも声を掛けたが、

 

テスト期間中入院等のアクシデントもあり目標には少しだけ届かなかった。

 

 

だが小学校を含めて過去最高点だと保護者の方にお褒め頂く程の結果となったので、その子も合格。

 

 

 

春に入塾した生徒たちも5教科で50点〜100点上げてきたので一安心というところだ。

 

 

 

ということで、、約束したからには実行に移したいと思います。

 

 

 

12日の関東遠足。時期としては7月上旬以降。

 

 

今のところ候補としては宇宙航空開発研究機構、安藤百福博物館、

 

東京ディズニーリゾートが挙がっているが、生徒の要望や移動時間や費用等を考慮して決定したいと考えている。

 

 

ちなみに今回の中間は範囲が狭く易しい内容だった。

 

 

そういった事を見越して殆どの生徒は期末の内容迄進めてある。

 

 

 

期末考査は9教科あるし、範囲も広く難しくなるので中間考査が良かったからと慢心せず弛まぬ努力を続けてほしい。

 

 

それでは。

カヤック体験のお知らせ

  • 2019.05.28 Tuesday
  • 00:01

カヤック体験のお知らせ

 

 

・日時:69() 8時〜17

 

・場所:高岡市伏木国分浜

(基本的には現地集合、解散になりますが送迎が難しい場合ご相談下さい)

 

目的:カヤックの練習を兼ねて男岩迄ツーリングする。

        ※夏には片道1kmの無人島迄行く予定です。貴重な生物の宝庫ですのでお楽しみに。

 

・費用:2,500円/1

 

・申込:63日迄にお申込用紙の提出をお願い致します。

 

 

一度に体験できるのは4名迄となります。1グループの体験時間を90分迄とします。(体験後も残って頂いても構いません)

 

救命胴衣はこちらでご用意致しますので必ず身に着けて頂きます。

 

こちらの指示に従わない場合は安全の為体験を中止します。

 

転覆訓練を行う予定ですので、濡れても良い服装、着替えをお持ち下さい。

(綿製品はお避け下さい。水着やそれに準ずるものが望ましいです。

足元はクロックスなどのサンダル、帽子や軍手等を着用し

肌を極力露出しないようにご留意ください。)

 

★お迎えの車を汚す可能性がありますので、バスタオルをシートに、新聞紙を足元に敷くなどの対策をお願い致します。

 

簡単な食事をこちらでご用意致します。

 

着替え用に簡易テントをご用意致します。

 

荒天の場合中止になることがあります。(前日18時迄にご連絡します)

 

行き帰りの時間は変更になることがあります。

 

怪我や物品の破損等の補償は弊社では致しません。

 

費用はお申込み時に現金でお納め下さい。  

           

                           

                           

                           

                           

                           

小学生の英語

  • 2019.05.22 Wednesday
  • 00:39

 

 

教銘舎の太田です。こんにちは。

 

 

小学校で英語が始まると聞いたのは何年前だろか。

 

 

評価の対象になるとか、大学入試改革に合わせてとか色々言われているが、

 

実際に小学生から話を聞いていると中央が机上の空論で推し進めた内容と現場のギャップに驚いてしまう。

 

 

別に公教育を批判したい訳ではないのであしからず。

 

 

当塾は小学生からの英語に関しては慎重な姿勢をとっている。

 

 

読み書き算盤も怪しいのに外来語などと、江戸時代的な感覚でいるのだ()

 

 

当塾では小6迄の内容を秋頃、遅くとも12月迄には終えるようにしており、

 

英語は中学1年生の内容をその他の教科とともに始めることになる。

 

 

 

今年の小6は小3や小4から入塾している子が殆どなので、例年より早めに英語に入れそうだ。

 

 

ということで英語教材の選定を開始。

 

 

何でも最初が肝心だと思うので、内容は勿論の事、紙質や記入欄の大きさ、問いかけの仕方や解答に迄こだわる。

 

 

塾用教材は勿論のこと書店教材も候補にいれて使用していくものを決めようと考えている。

 

 

 

それでは。

チセイ練成塾

  • 2019.03.20 Wednesday
  • 17:49

教銘舎の太田です。こんにちは。

 

 

 

突然ですが金沢にあるチセイ練成塾のお手伝いをすることにしました。

 

 

金沢の喜田が開いている黎明塾と商圏が被るのですが、敢えて喜田にも手伝ってもらおうと思います。

 

 

砺波で一番勢いのある志学スクールWishの今井先生にも。

 

 

 

こちらの正橋先生、生徒を思う気持ちと指導力(あえて教務と言わない)はピカイチです。

 

 

 

全国津々浦々を旅した私が太鼓判を押します。

 

 

だがしかし、弱点も沢山。

 

 

他者の悪口を言う。

 

発想が幼稚。

 

向こう見ず。

 

経営者としての感覚が薄い。

 

 

 

これ以上は悪口になるので止めておきますが、

 

ここまで塾が弱ってしまったのは正橋先生にも大きな責任があると思います。

 

 

ずっとブログを拝見してきましたが、『それはないだろう』ということや、

 

『こんな事書いて大丈夫??』と思うことは幾度となくありました。

 

 

 

ですがヒトリの男が責任を持ってやっている事なので口には出しませんでした。

 

 

 

お手伝いすることは塾の経理や経営的な部分。教務で言えば生徒管理と独学の仕方を。

 

 

各塾の経営者がこれだけ集まり一つの塾を再興しようということは

 

これまで無かったことだろうと思います。

 

 

 

船頭多くして何とやらにならないように正橋先生にはある程度我慢もしてもらい、

 

勿論自分たちも出しゃばりすぎずに、現在通っておられる生徒さんの為、

 

これから塾の門を叩く子の為に出来得る限りの事をしていこうと思います。

 

 

 

そうそう、何故チセイ練成塾のお手伝いをしようと思ったか。

 

 

 

一番大きいのは正橋先生が生徒を思う故ここまで重篤化するに至ったということです。

 

それが怠慢や浪費なのであれば自業自得と放っておいたと思います。

 

 

 

次に自分の人生観に『恩送り』というものがあります。

 

 

誰にだって苦しい時や一人ではどうにもならない時があるものです。

 

 

自分にも勿論ありました。

 

 

そうした時に手を差し伸べてくれる人がいると、また立ち上がることも出来ますし、

 

やり直そうという気力も沸いてくるものです。

 

 

 

ですから自分は出来るだけ他人の為に動きたいと思っています。

 

 

生徒たちにも落ちているゴミを拾うことから始めなさい。と伝えています。

 

 

そうすることでいつか自分の子どもや生徒たちが深い闇に落ちた時、

 

誰かが光となってくれることを願っております。

 

 

何だか宗教っぽくなりましたが、無宗教です。

 

 

聖書やブッダのことばや真理の言葉、最後の旅も読みましたし、論語も大好きですが、、

 

 

無宗教です。

 

 

そして自分が教祖のようだとか馬鹿げたことを言う気もサラサラありませんし、

 

人気のある先生になりたいとも結婚式に呼んでもらえる先生になりたいとも思っておりません。

 

 

むしろ生徒に対しては出来るだけ塾や講師に対して帰属意識を持たせないようにと考えており、

 

会いに行きますと言われてもまだ会う時でないと思えば断ります。

 

 

正しいことを正しいと。間違っていることは間違っていると伝え、

 

間違っている場合は相手の行動を正す努力をしていきたいと考えております。

 

念のために申し上げておきますが私も生徒の事は大好きです。

 

大好きだからこそ、そのようにしているのです。

 

 

 

長くなりましたが金沢の皆さま、新年度から宜しくお願い致します。

 

 

他塾の応援に行って自塾が疎かになったとは絶対に言われぬよう

 

高岡教室には1%も影響が出ないように致しますので富山の皆さまも今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

それでは。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM